|

びわ湖毎日マラソン

スタートの様子

スタートの様子

3月10日に、当社が特別協賛する「第74回びわ湖毎日マラソン」が開催され、昨年に引き続き、応援に行ってまいりました。

今回の「びわ湖毎日マラソン」は、東京五輪につながる「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」への出場権がかかる最後の大会ということもあり、注目を集めていました。当日は、生憎雨が降り続く天候ではありましたが、昨年のような高温になることもなく、かつ風も比較的穏やかで、まずまず良好なコンディションの中での大会になったのではないかと思います。

優勝者への月桂冠授与

優勝者への月桂冠授与

さて、結果は今年も上位6位まで外国人選手が独占することとなり、残念ではありますが外国人選手との力差を痛感することとなってしまいました。これで実に17年連続で外国人選手が優勝したことになります。とはいえ、その中でも山本選手(マツダ)が最後まで外国人選手に食らいつき、川内選手(埼玉県庁)は今回も最後の最後まで粘りを見せてくれ、また、MGC出場権についても山本選手(コニカミノルタ)と河合選手(トーエネック)が獲得され、大会は大いに盛り上がりました。

また、今大会には当社からも藤村選手と高田選手の2名が出場しました。25kmあたりまで先頭集団で頑張り、時に集団の前方に出てテレビにも映り、少し夢を見させてもらいましたがそう甘くはないといったところでしょうか。とはいえ、藤村選手は自己ベストを4分程度更新しての15位(日本人8位)、高田選手はケガ明けで十分に練習が積めなかった中の初マラソンではありましたが2時間16分台で走り切り、両選手とも今ある力を発揮し、最後まで粘り強く頑張ってくれたと思います。ただし、めざすは世界大会への出場です。この程度の選手と線引きしてしまうことなく、大きな目標に到達するために、こつこつ改善を積み上げ、是非諦めることなく上をめざしてチャレンジして欲しいと思います。

藤村選手のゴールシーン
藤村選手のゴールシーン

今回、特別協賛会社として参加させていただき、トラブルなく無事終了できたことに対し、支えていただきました関係者皆さまに感謝を申し上げます。また、今後も、世界にチャレンジしている日本陸上競技界・選手の発展・活躍に、一企業として微力ながら貢献できれば幸いです。